目標とする歯科医師は尊敬する祖父と父

院長あいさつ私は高校時代から、人の役に立ち、人を助ける職業に就きたいと思っていました。尊敬する祖父や父が歯科医師だった影響もあり、歯科医師の道を選びました。祖父と父を目標に、いズレは二人を超える歯科医師になりたい、そんな思いも心のどこかにあったと思います。実は、祖父と父の仕事ぶりをみてきたので、手先が器用でさえあれば、なんでもこなす歯科医師になれるものだと思い込んでいました。でも、歯科医師の仕事はそんなに甘くはありませんでした。現実の厳しさを教えてくれたのは、歯科医師の先輩と厳しく指導して下さった先生でした。このお二人がいたからこそ、今の自分があると思っています。お二人との出逢いに感謝しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております